私たちのこだわり

  • 家族の数だけ庭造りの物語がある

    プランについて

    エクステリアと庭は必ずしも生活に必要なものではありません。どちらかといえば嗜好品に近く正直なくても何とかなります。
    ただエクステリアをきれいにすることにより、建物と敷地を一体化させ、景観を向上させることができます。
    庭を活用することにより生活の幅が広がり快適さが向上します。私たちはそこに住む家族の時間を大切に考え、常にお客様目線でのプランニング姿勢を貫いております。
    どんな些細なことでもお聞かせください。
    エクステリアと庭を通じて、みなさまの生活の向上に、少しでも貢献することができれば幸いです。

  • 住む人が本当に喜ぶ庭づくりがしたい

    費用について

    一般的に新築時、エクステリア・庭にかかる費用は住宅工事金額の一割と言われていますが、材料・プラン・敷地形状などにより大きく変わります。
    実際この目安より多めのほうがご満足のいくものができ、後でかかる費用も抑えられるようです。
    当社の場合多い価格帯として新築外構工事ですと120万円~300万円、更地の庭工事で80万円~150万円が多いようです。
    エクステリア業界は、ハウスメーカーの下で育ってきた経緯があり、ある程度の相場というものが存在します。
    あまりにも高いものですと、中間マージンが発生していたり、逆に安いものですと手抜き工事の可能性があるので注意が必要です。
    当社では必ず敷地調査を行い、適正価格を意識してお見積もりを出させていただいております。
    安心してお問い合わせください。

  • 当社の強み

    当社の強み

    グリーン開発では1983年の創業以来、長きに渡って地域に根差した活動をしてきました。15年以上前に工事をしたお客様からご連絡をいただくことも増え、補修や工事でお伺いさせていただいております。私たち従業員も年齢を重ねてきましたが、ベテランならではの経験値・安心感がお役に立つ場面も多々あるようです。最近は若いお客様も増えてきましたので、より良いサポート・アドバイスを心掛け、一つ一つ心を込めておつくりしていきます。限られたご予算で、納得のいくものを作りたいという、お客様のご要望にお答えできるよう、多彩な提案力と施工体制で、引き続きお手伝いさせていただきます。特に工事に関しては適切な施工基準に従い、お客様にご満足していただけるよう心がけておりますので、安心してお任せください。

  • 新築外構工事をお考えの方

    新築外構工事をお考えの方

    外構工事は建築工事の一番最後になるため、どうしても打合せが後回しになりがちです。その結果、マスなどの設備計画の関係で、計画通りに物置を設置できない、予定していた階段の位置を変更しなければならない、などの問題が出てきたりします。金額の割り振りも残った予算で最低限というパターンも実際多く、もう少しご予算があればと思うこともしばしばです。大切なのはなるべく早く計画を進め、レイアウト・予算の問題点をクリアーしていくということになります。そんなに早くと思われるかもしれませんが、建物の配置計画と同時進行ぐらいでちょうどよいでしょう。外構工事のおおよその配置・レイアウトさえ決まっていれば、材料・色など詳細の打合せは、じっくりと進めていくことが可能です。外構は建物の顔になる重要な部分です。素敵な景観・使い勝手の良いエクステリアを目指すのでしたらご参考にしてください。グリーン開発では建築中・お引渡し直前の場合でもプランナーが最善を尽くし、より良いご提案をさせていただいております。理想のマイホームづくりのお手伝いをさせていただければ幸いです。

ご相談から完成までFLOW

  • 1ご相談・ヒアリング

    ご相談・ヒアリング

    お電話かメールにてお問い合わせください 内容を確認のうえ、後ほど担当者から折り返しご連絡させていただきます。ご来場の場合は、定休日なしですのでご予約は不要です(夏季冬季休暇 ゴールデンウィークを除く)。 ご要望、お好み、イメージ、お悩みをじっくりヒアリングさせていただきます。 またその際 お打ち合わせをスムーズに進めるために敷地や建物に関する図面のご用意をお願いいたします。ご相談は無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

  • 2状況調査・測定

    現地調査

    お客様のお宅にお伺いし、現地調査になります。お客様のご要望が可能かどうか、こちらからのご提案が可能かどうかの確認になります。実際の建物の立地条件、近隣の建物や街並み、風景、道路状況など多方面から確認を行います。お庭などの工事の場合は現地の状況を一緒に確認しながら、より具体的なヒアリングを行いイメージを固めていきます。丁寧な調査がより良い設計、より良い工事へとつながりますので時間をかけて調査します。

  • 3ご提案

    ご提案お打ち合わせ

    現地調査の内容をもとに、プラン作成を行います。内容にもよりますが現地調査日より1週間から2週間ほどお時間をいただきます。図面やお見積もり、写真資料、カタログなどで分かりやすくご説明いたします。初回プランはお見積もり無料です。以降工事を前提としないプラン作成は有料となりますので、この段階でお話をすすめるかどうか決めていただくことになります。その後打合せを数回重ね、製作図面とお見積もりで合意いたしましたらご契約となります。打合せ期間は30日~45日ぐらいが目安です。当社ではご契約時の手付金はいただいておりません。基本着工時に工事代金の1/2、完了時1/2でお願いしていますが、ご都合がございましたらご相談ください。

  • 4現場管理

    現場管理

    ご契約いただいたらいよいよ工事です。ご契約から工事着工までの期間はおおよそ30日ぐらいが目安です。より良い工事のため、グリーン開発では専任の現場管理者が工事を担当し、図面通り工事が進んでいるかを何度かチェックします。工事途中でも気になるところがございましたらご遠慮なくお申し付けください。工事は基本日曜祝日がお休みです。天候が悪い場合もお休みします。整理・整頓清掃を心掛け工事期間中の快適さを追求することも忘れません。こうした細やかな配慮が、お客様満足度へつながると信じて業務に取り組んでいます。

  • 5工事完了

    工事完了

    いよいよ工事完了です。イメージ通り工事が完了しご満足していただけたら幸いです。自社での検査・確認を行った後、お客様にもご確認していただき、ご納得いただいてからのお引渡しになります。万が一工事箇所についてお気づきの点がございましたらお気軽にご連絡ください。問題がなければ残金のご請求書を出させていただきますので、お支払いのほうをお願いいたします。

  • 6アフター

    アフター

    当社の保証基準にて各種保証期間を定めていますが、お気づきの点がございましたら何なりとご相談ください。施工後何年経っても責任を持ってご対応させていただきます。もちろん他の箇所の工事にかかわるお話でもお気軽にご連絡ください。お客様とは今後とも長いお付き合いをさせていただけますようアフターフォローに努めてまいります。

  • 保証対象
    瑕疵内容
    保証期間
    特定免責事項
  • 地下車庫・人工地盤
    構造体で使用上支障を生じる著しい沈下、亀裂、腐食、腐朽、湧き水
    10年
     
  • 擁壁・組積造
    構造体で使用上支障を生じる著しい沈下・亀裂
    10年
     
  • コンクリートブロック造塀
    使用上支障を生じる著しい沈下・亀裂
    5年
     
  • 土間コンクリート
    使用上支障を生じる著しい沈下・亀裂
    2年
    基準を超える重量車両駐車に起因するもの
  • 門扉・フェンス・カーポート・テラス・バルコニー・サンルーム・エクシオール・物置・ガレージ
    使用上支障を生じる著しい反り・変形損傷・腐食・腐朽・施錠不良等の部品の故障
    2年
    基準を超える積雪に起因するもの
  • 木柵・パーゴラ・ウッドデッキ
    材質の著しい変質・変形・反り
    1年
    設計時に予想しなかった負荷に起因するもの
  • 塗装・タイル貼り
    仕上面の著しい変色・浮き・剥離
    2年
     
  • その他エクステリア関連商品
    使用上支障を生じる著しい反り・変形・損傷・腐食・腐朽
    2年
    設計時に予想しなかった負荷に起因するもの
  • 植木
    枯死
    1年但し植替は1回
    通常予想される散水・消毒・施肥状態と著しく異なる管理に起因するもの

※上記の基準に基づいて保証いたします。

よくある質問FAQ

Q.エクステリアとは
一般的に日本ではカーポート・物置などのメーカー商品というイメージで使われることが多いです。しかし本来エクステリアとはインテリアの対義語であり、外構・庭園だけではなく建築物の屋根・外壁なども含めた総称になりますので、建物とのトータルバランスを考えた計画が重要になります。
Q.冬場の工事について
だんだん寒くなるとお庭に対するお客様の興味は低下します。実際12月末~2月中ぐらいまではお庭に関するお問い合わせの件数も少なくなり、新築外構工事のお問い合わせしか来なくなります。ただこの時期は春先に向けじっくりお打ち合わせを行うことができ、ゴールデンウィークまでに工事が完了するというメリットもあります。また冬場に庭工事をしますと、雑草の根が冷たい外気に触れることになり、一旦少なくなりますので雑草対策をお考えの方にはよいタイミングです。逆に駐車場のコンクリート作業にとってはあまり好ましい時期ではありません。防凍剤や養生などできる限りの凍害防止対策は行いますが、どうしても仕上がりがよくないことがあります。当社では状況によってはコンクリート作業を、3月中旬以降に先送りすることも考え、作業を進めております。その場合でもお客様とご相談しながら、砕石敷など、最低限駐車できるよう対策を施したりしています。
Q.エクステリアのプランニング・設計・施工業者の選び方
外構工事やお庭工事は高額で大きなお買い物になります。何度も作り変えるものでもありませんので、慎重な業者選びが必要となってきます。大切なのはプランニング・設計、お見積もりの内容をしっかりと見比べることです。そこにはその会社の性格、経験、商品知識、センスが現れていますので、その中から自分に合った業者を選定していくことが成功への近道になります。金額も気になるところですが、高い業者は中間マージンが発生していたり、逆に安い業者は仕上がりに不安が残ります。不明点があれば何でも聞いてみてください。お客様から見て、分かりやすい説明があるかどうかなどを見比べてみてください。プランニング・設計・積算・工事・アフターまでトータル的に行っている業者であれば必ず丁寧に答えてくれるはずです。
Q.外構と庭園の違いは何ですか?
外構とは、文字通り道路に接している部分を意味します。土留・フェンス・駐車場・門廻り等日々の生活に密着している部分が多いです。それに対し庭園は、必ずしも必要な物ではありませんが樹木、テラス、ガーデンルーム、ウッドデッキ、家庭菜園等お客様の生活に潤いを与えるものです。いずれにしても念入りに計画された施工を行う事でより快適な生活を行う事が出来ます。
Q.他社との見積もり額が大きく違うのは何故ですか?
当社は同業他社様の価格なども参考に、お客様の負担にならないように適正な価格でお見積もりを出すように心がけております。当社よりも他社の見積もりが高かったり、逆に安かったりするケースもあるかと思うのですが、大きなポイントは材料の選定、デザイン・設計の違いによるところではないかと思います。 何を優先するかにもよりますが、単に見積総額だけを見比べて業者を決定するのは危険です。外構工事は決して安い買い物ではありません。今後10年、20年と生活していく中の一部なのです。土の中に隠れてしまう部分(基礎、鉄筋、下地の砕石厚)、材料など細かい点にまで気を配っていただいて、信頼できる業者を見極めてください。